-下積時代- 昭和53年〜平成2年
〜 豆腐との出会い 〜
■昭和53年6月
サラリーマンを辞め堺の豆腐屋(松尾さん)で働き出す
■昭和53年12月 松尾さんの豆腐
豆腐屋の仕事の後、行商に出始める。
〜 独立 〜 木綿豆腐
絹ごし豆腐
(この頃の豆腐に名前はありません)
■昭和55年12月
三好商店創業(店舗及び行商販売)
〜創業後3年間、年中無休・夢中で豆腐を作り続ける〜
■昭和58年1月
月2回の定休日を設定
■昭和60年12月 豆腐の他にたこ焼き・お好み焼きも販売
現在の店舗に移転
次へ→